改築日誌2:地図は持たねど、陽は昇る。No map, but the sun still rises.

An English translation to follow.

 

前回から引き続きまして。

民家の元の構造を見るべく、床や壁、コンクリートも壊しました。

6097BB9B-88B7-4953-9E1F-AA892A584B4D ↑床や壁をはぐると、昔ながらの石基礎や囲炉裏跡が出てきた。

95FD2115-3843-4FBA-92C8-832F4D1903F0 ↑玄関先のコンクリートを割ると、中から石がゴロゴロ。

_SEN7226 ↑石膏ボードの下から荒壁や柱が出現すると、建物の印象がガラリと変わりました。

おおまかな解体が終わったところで、大工さんに建物の基礎工事をお願いしました。

経験のある年上の大工さんにも、この建物は面白いものだったようです。

これは、大工さんのお話。

「この建物にある、枝分かれした柱や歪んだ形の牛梁、それと石基礎みたいに、昔の大工は素材の形を活かして、現場で考えながら材木を加工して組むんだよ。今は機械でオートマチックに加工した材木を、別の場所で組みたてて、そのパーツを現場へ運び込んだら、数日で組み上げて建物は完成するからね。昔の技術を使える人は減っているし、そもそも技術はそんなに必要無いな」

ピーターの希望で、大工さんにはなるべく金具を使った組み方ではなく、”ほぞ接ぎ”で組む方をお願いしています。

金銭的に限界はあるけれど、できるだけ自分たちが残したい文化や技術にお金を払いたいと思う。

 

B89831AB-3A31-410D-B221-3E58B66BA629↑この建物に元からあった”腰掛け鎌継ぎ”という工法

 

IMG_5266↑現場で大工さんが加工した材木

 

解体工事がだいたい終わると、元の構造に合わせてやりたいこと、やるべき工事が見えてきました。

図面は持たねど、東の方からは陽が差してきたわけです。

つづく。

 

.

.

.

 

Renovation Diary Entry 2: No map, but the sun still rises.

Continued from the last entry, here are some more details on the demolition work.

In order to see the original structure of the house, we gutted the floor, walls, and concrete blocks.

6097BB9B-88B7-4953-9E1F-AA892A584B4D↑ Once we gutted the floor and the walls, we saw the traditional stone foundation and the remains of an irori, an open hearth.

95FD2115-3843-4FBA-92C8-832F4D1903F0↑ We broke the concrete block at the front doorsteps, and we uncovered a bunch of rocks inside.

_SEN7226↑ When we discovered mud plaster walls behind the plaster boards, the feel of the building dramatically changed.

Once we were roughly finished with the demolition work, we asked our carpenters to work on the foundation.

Even an older, experienced carpenter was intrigued by this building.

He said,

“You see this beam that naturally branches out, the wavy girder, and the stone foundation. You can tell they built as they were thinking on site with a strong consideration to the materials’ natural characteristics.

Today workers mill the lumber automatically with machines, assemble at another place, and bring the parts together to the site. The construction takes no longer than a few days after unloading the parts.

There are fewer carpenters who know traditional skills, and skills aren’t necessarily required in our field anymore.”

As per Peter’s request, we asked them to use mortise and tenon joints instead of metal hardwares wherever they could.

We’re maxing out our budget, but we rather spend money on tradition and knowledge that we want to pass on to the next generations.

B89831AB-3A31-410D-B221-3E58B66BA629↑ “Koshikakekamatsugi” joinery that this building already had.

IMG_5266↑ The lumber that our carpenters prepared on site.

After we completed most of the demolition work, we started to see the direction we want to go that allows to preserve and work with the original structure.

We still don’t have a finished picture, but the sun has started to rise from the East.

To be continued…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中