改築日誌3:「ピーターさん、工房はいつ完成するのかしら?」長尾智子さん来訪 “When will Peter finish his studio?” Tomoko Nagao’s visit.

An English translation to follow.

 

追々また詳しく説明することになりますが、改築中の建物の半分は作業場、もう半分には展示スペースを設けます。
そして、この展示スペース、現在の予定ではキッチンを中心とした空間になりそうです。

 

2013年の春、タミゼ クロイソでKOBO展をしたときの初日のこと。

この日は特別に、地元の朝市で販売している新鮮な野菜や卵を使って、長尾さんに朝からお料理を作っていただきました。

出来上がったお料理がKOBOのガラス器にそれぞれ盛り付けられたとき、器の本来あるべき姿を見て、改めて自分たちが作ったものに自信を持ちました。

展示スペースにキッチンを作ろうと思ったのも、この時感じたことや経験したことが私たちにとても大きい影響を与えたからです。

そういうわけで、この場所で長尾さんにお料理してもらうことを、初めから (しかも本人に確認したわけでもなく) 想像していたのですが、秘密裏にそんな話をしていると、なんと長尾さんがまだ高床式住居みたいに足下がすかすかの、工房の現場に遊びに来てくれました。

 

長尾智子さんは料理家で、本や雑誌などを中心にレシピやエッセイを執筆するほか、食品や器の商品開発も手がけられています。

美味しくてシンプルで飽きないレシピと、応用の効くアドバイスは、料理好きの人にもこれから自炊をやってみようという人にもお勧めの本。

長尾智子さんのHP: vegemania.com

IMG_5792
↑長尾さんとおしゃべりしている気分で読めるエッセイ。お!と思うアイデアの分、気づくと本は付箋だらけに。

この日は長尾さんと、キッチンカウンターの向きや高さについて、冷蔵庫やオーブン、それから部屋の壁についても、いろんなお話ができました。

そして最後に。

始めから細部に目がいきすぎて、しかも再考に再考を重ねた末に土台返しをする、まさに三歩進んで二歩下がる状態のピーターに、「初めから完成させようと思わないで、使いながら少しずつ出来上がっていった方が楽しくない?未完成でいいと思うけどなあ。」と、ありがたい言葉を残してくれた長尾さんでした。感謝。

いつかここでお料理を作ってもらえる日がありますように。

つづく。

 

 

Renovation Diary Entry 3: “When will Peter finish his studio?” Tomoko Nagao’s visit.

We will explain our plan more in detail later, but for now half of the building will become a studio space and the other half will become a gallery space.

As for the gallery, our current plan is to have a kitchen be central to the space.

On the first day of the KOBO exhibition at tamiser kuroiso in 2013,

That day we were fortunate to have Nagao-san prepare some dishes with fresh vegetables and eggs from the local morning market.

When the food was served on the KOBO glassware, we saw the ideal image of our products, and it gave us a renewed confidence in our work.

The feeling and the experience from that time influenced greatly on our decision to build a kitchen in the gallery.

So we were fantasizing about Nagao-san cooking in our kitchen from the start (without confirming with her). When we were talking dreamily Nagao-san showed up at the floorless studio that looks like an ancient raised-floor house.

Nagao-san is a cooking specialist who is famous for her recipes and essays in books and magazines, and she also produces original food items and dinnerware.

I highly recommend her books to anyone who loves to cook or who wants to learn about cooking. Her delicious recipes are simple and timeless, and you can follow her advise to arrange the recipes in various ways.

Nagao-san’s homepage: vegemania.com

IMG_5792

↑ Reading her essays make you feel like you are actually having a conversation with her. My own copy is covered with sticky notes for places of inspiring ideas.

Nagao-san and we discussed about so many things such as the placement and the height of a kitchen counter, refrigerator, oven, and about interior walls.

And finally,

To Peter who has been obsessing over the smallest details, decided to start over after thinking over again and again, and stuck being three steps forward and two steps back, Nagao-san said, “Instead of starting with a finished space, don’t you think it’s more fun to work on it as you’re living in it? I think it’s fine unfinished.”

Thank you, Nagao-san for your kind words.

We hope to invite her to cook in our kitchen someday.

To be continued.

広告

改築日誌3:「ピーターさん、工房はいつ完成するのかしら?」長尾智子さん来訪 “When will Peter finish his studio?” Tomoko Nagao’s visit.」への2件のフィードバック

  1. To think of this dream combo of Peter and Nagao-san is thrilling to me. Good luck! I cannot wait to see the unfinished finished kitchen gallery. 🙂

    ai

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中