改築日誌7 : 答えのない質問、優秀な発掘者。 A question without an answer. A talented scavenger.

An English translation to follow.

.

先日のブログに、「ピーターがガラス制作をストップしてから半年以上経った」と書きましたが、改築工事がはじまったのは、実はそれよりもっと前のこと。

確か、昨年の4月頃でしたっけ。

つまり、解体工事から数えると、この工事が始まってから15ヶ月経ってしまったということです。

IMG_5264

ずいぶん前に雑誌か何かで、”建築士さんと馬が合わず、改築中に何人も建築士が変わった” という話を読んだことがある。

その時は、そんなこともあるんだなぁ。ぐらいに読み流していましたが、やってみるとこれが他人事ではなく、、、

実は、今お願いしている建築士さんは3人目だったりします。

 

現在施工をお願いしているのは、地元の建築士さんに大工さんたち。

彼らにとっても、いつもやっている仕事とは勝手が違うので、悩ませてしまうことは多々あります。

申し訳なく思いながらも、やりたいことは言わせてもらうのですが、そんなとき今の建築士さんは、「ああ、これはおもしく(面白く)ないですか。じゃあ、他の方法考えましょうか。」と嫌な顔もせず、いつも前向きに付き合ってくれる。

 

先日はドアノブについて。

 

「事務所のドアノブはなんでもいいです。」

「普通のドアノブでいいけれど、選べるなら丸みのあるもの、装飾のないものがいいです。」

「素材が真鍮や銅ならば尚良いけれど、無ければステンレスでもいいです。」

「海外からわざわざ輸入したようなドアノブじゃなくていいです。」

特別なものはいらない。なんでもいい。とはいえ、聞くとなんでも良くなさそうなピーターさん。

 

それから2週間後。

 

最終的に建築士さんは、昔からある地元の金具屋で、なんとデッドストックのメイドインジャパンのドアノブを発掘してきてくれました!

謎解きと発掘は仕事の一部である私にとって、発掘仲間が増えるのは大歓迎である。

 

つづく

 

 

追記>>

いよいよ明日から、”Light Capsule” の注文受付がはじまります!

日本国内だけでなく、様々な国の方がブログにアクセスしてくださっていることに、私たちはとても わくわく しています。

antiques tamiser の洋の空間にも、ギャルリ百草の和の空間にも不思議と違和感のない “Light Capsule”。

どこかの誰かの空間でも、いい雰囲気で佇んでくれるのだろうなーと想像しています。

写真では分かりにくいけれど、長い電球のフィラメントが熱を持って ゆらゆら しているのも、見ていて気持ちがいいですよ。

.

.

.

Renovation Diary Entry 6: A question without an answer. A talented scavenger.

On our previous blog post, we mentioned that it’s been over 6 months since Peter has stopped blowing glass, but the renovation work itself began much earlier than that.

Maybe it’s been since last April.

So if we start counting from the demolition work, this whole project has been going on for over a year now.

IMG_5264

I’ve read stories in a magazine where the house owner talks about how he had to change his architect several times during the renovation.

At the time I was intrigued to learn that such thing could happen, and thought nothing more of it.

But when it becomes your turn to go through the renovation work, it’s not as unusual as it sounds.

In fact, the current architect we’re working with is the third one.

 

The people we’re working with right now are a local architect and local carpenters.

For them, our project is quite different from what they’re used to be doing, and we still don’t have a finished blueprint, so it can be challenging at times.

Knowing that it can be difficult for them, we tell them our requests. Fortunately, our current architect is always enthusiastic about our ideas and is happy to brainstorm with us.

 

The other day with the doorknob:

“The doorknob for the office can be anything.”

“It can be just a regular doorknob, but if I can choose, I’d like it to be round and without any decoration.”

“I prefer it to be brass or copper, but stainless steel will do if there isn’t any.”

“It doesn’t have to be a specially imported doorknob.”

Nothing special. Anything is fine. But once you start asking Peter, it doesn’t sound like any doorknob will be just fine.

 

2 weeks later…

The architect brought us a dead stock, made-in-Japan doorknob that he found at an old, local hardware store!

FullSizeRender

For me, searching for unique solutions to interesting problems is a most rewarding part of the job, and I’m thrilled to see another comrade join the group.

To be continued…

 

P.S.>>
We will begin accepting orders for “Light Capsule” starting tomorrow!

We’re very excited that many people from Japan and abroad are checking out our blog.
“Light Capsule” fits well in a western-style space at antiques tamiser and also in a Japanese-style space at Gallery Momogusa.

We imagine that it will be a wonderful addition to any type of space for anyone.
It’s hard to tell in the photograph but in person, you can also enjoy the gentle quivering of the long light bulb filament from its own heat.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中