そばにいる工芸 “KOGEI to live together”

工芸、民芸、わびさびなどなど、文化背景の濃い日本特有の言葉には、人によりそれぞれ違った解釈がありますが、そういった言葉のなんぞやを紐解いてくれそうな人物として、ピーターが森岡督行さんの文章に興味を持ったのでここで紹介させていただきます。

以下、”そばにいる工芸”展 カタログより転載 :

 

工芸のあわい

森岡督行

一口に「工芸」といっても、伝統工芸や生活工芸、民芸など、いくつかの分野に別れていて、また近年は、美術との関係 においても境界線が曖昧になっています。「工芸」が多義的であることは、あらためて「工芸」を問う契機でもあります。 そしていま、これを考えるにあたり参照にするべきテキストは何かと訊かれたなら、私は言下に、柳宗悦『工藝の美』と 答えます。

『工藝の美』の冒頭を読むと、「心は浄土に誘われながら、身は現世に繋がれている」とした後、「地上に咲く浄き蓮華を 浄土の花とは呼ぶのである。地に咲けよと天から贈られたその花の一つを、今し工藝と私は呼ぼう」とあります。工藝を 定義する基礎の部分で、いきなり、浄土が出てきます。柳の 工藝への理解は、仏教思想と密接に結びついていました。 丈夫で機能的、それでいて奉仕の美しさがある工藝を浄土の花としたのです。しかし私にとって、浄土は、言葉の意味と して理解できても、実感が伴うものではありませんでした。例えば、東京国立博物館を訪れた際、数々の仏像を前にして、 私は手を合わせようとはしません。他の観覧者が拝んでいる姿を見たこともありません。私、或いは私たちには、浄土の 概念が決定的に欠落しています。「浄土から贈られた花としての工芸」という考え方は、私にとって、とっつきにくいも のでした。

一方、同じ『工藝の美』でも、その直後には、以下のような文章があります。「美が厚くこの世に交わるもの、それが工 藝の姿ではないか。味な き日々の生活も、その美しさに彩られるのである。現実のこの世が、離れじとする工藝の住家 である。」仏教思想を含んでいたとしても、こちらの方は、「生活を美しくする工芸」という観点が感じられ、親しみを 覚えました。近年、これほど「工芸」が脚光を浴びている時代はない、と言いたくなるほど、毎週どこかのギャラリーや 美術館で「工芸」の展覧会が行われ、また、雑誌はじめとするメディアでは「工芸」特集がたくさん組まれていますが、 その根底には「生活を美しくする工芸」という意図が共通してあるように思います。柳の上の文章は、むしろ、その源流 となったと考えられます。

同じ「工芸」を見て、「浄土から贈られた花としての工芸」とするのと、「生活を美しくする工 芸」とするのとでは、大 きな違いがありました。前者を理解することはなくとも、後者には親近感を覚えました。この溝が自分なりに狭くなった のは、2011 年、東日本大震災のときでした。

あの時、多くの方がそう思ったように、私も、これまでの普通の暮らしが成り立つのかと真剣に考え、一刻も早い終息を 願いました。そして、それまでの普通の暮らしがどれだけ恵まれていたか、ましてや、日常を美しくする「工芸」が傍ら にある生活がどれだけ豊かであったかを実感しました。少し時間が経ち、東京に住む私は何となく通常の生活を取り戻し ました。その過程で思ったことは、「工芸」のある生活への感謝でした。「工芸」で暮らしを美しくするだけでなく、そ のことに対する感謝の気持ち が新たに加わりました。「工芸」を使いながら、「工芸」がある美しい生活への感謝を反芻 しました。「浄土から贈られた花」という概念が少し分かったように感じたのは、その時でした。

この度の「そばにいる工芸」では、「生活を美しくする工芸」に「感謝」をする、を基盤とし、多様化する「工芸」にあって、 削ぎ落とされた装飾、ともいうべきシンプルな工芸作品を選びました。吹けば消えてしまいそうな繊細なイメージは、む しろ、共に時間と空間を分かち合う悦びを増幅してくれます。そのいろとかたちたるや。このことを少しでも共有できた なら望外の悦びです。

 

翻訳:Pamela Miki
————————————–

 

“KOGEI to live together”

Kogei (crafts), Mingei (folk crafts), and wabi-sabi are some of the words that are unique to Japan with a rich cultural background. They may have different interpretations depending on a person, but Peter found Yoshiyuki Morioka’s take on it to be quite interesting. He is a person who could possibly shed light on this lexicon so I’d like to introduce his text below.

 

From the catalog “KOGEI to live together”:

 

KOGEI in between

Yoshiyuki Morioka

Though we use the general term kogei (crafts), the field is in fact divided into several branches: dento kogei (traditional crafts), seikatsu kogei (lifestyle crafts), mingei (folk crafts), and so on. In recent years, the relationship between art and crafts has also changed, the boundary between them becoming blurred. The ambiguous nature of kogei is at once an opportunity to inquire afresh into the field. Thus if anyone asks me what text they should refer to in considering such an inquiry, I have no hesitation in recommending Soetsu Yanagi’s Kogei no bi (The Beauty of Crafts).

Yanagi begins Kogei no bi by stating,“While the mind is drawn to Paradise, the body is tied to this world,”after which he continues,“The noble lotus flower that blooms in this world is known as the flower of Paradise. Here, I would like to call this single flower, sent as a gift from heaven and told to bloom on earth, kogei.”In this foundational part of the text defining kogei, we are suddenly introduced to the concept of Paradise. Yanagi’s appreciation of crafts was closely connected to Buddhist philosophy. He likened crafts ‒ robust and functional yet at the same time possessed of the beauty of service ‒ to the flower of Paradise. For me, however, though I understand the meaning of the word, Paradise was not something I had a real sense of. Whenever I visited the Tokyo National Museum, for example, I would never think of placing my hands together in front of the many Buddhist images. Neither did I see any other visitors praying. I, or we, have no concept whatsoever of Paradise. For me, the mind-set that understood kogei as“a flower sent as a gift from Paradise”was something I could not fathom.

At the same time, immediately after the abovementioned passages, Kogei no bi continues as follows:“Are not kogei the things on this earth most intimately connected to beauty? Our dull everyday lives are lent charm by their beauty. This actual world is the eternal home of kogei.”Though it still incorporated Buddhist philosophy, I sensed in this passage the point of view that“kogei beautify our lives,”a point of view I was more familiar with. In recent years, every week a gallery or art museum somewhere has held a kogei exhibition, while magazines and other media have put together numerous kogei features, all of which prompts me to say there has never been a time when crafts have been so much in the limelight, but underlying all of this I think there is a common theme in the form of“kogei beautifying our lives.”In other words, Yanagi’s abovementioned words would seem to be their source.

Even looking at the same craft, there was a big difference between treating it as“a flower sent as a gift from Paradise”and as something that“beautifies our lives.”While I could not comprehend the former, I felt an affinity with the latter. It was in 2011, at the time of the Tohoku earthquake and tsunami, that inside of me the gulf between these two narrowed.

Like many people, I seriously considered whether it would be possible to continue living the normal lives we had been living, and prayed for a swift resolution. As well, I really realized how privileged the lives we led until that time had been and how enriched our lifestyles were with kogei that beautified our everyday lives close at hand. Before long, in Tokyo, where I live, we were able in some way to regain our normal lives. And what struck me during this process was how grateful I was for a life with kogei. Not only was my life beautified with kogei, but to this was added afresh my feelings of gratitude for this. While using kogei, I meditated on my own gratitude for a beautiful life blessed with kogei. It was at this time that I felt that I was beginning to grasp the concept of“a gift sent from Paradise.”

For KOGEI to live together, based on this notion of being“grateful”for“crafts that beautify our lives,”we chose from among the ever-diversifying field of kogei a number of simple craft works that exhibit what might best be described as“pared-down ornamentation.” The delicate images that seem likely to disappear in a puff of wind actually intensify the joy of sharing the same time and space. As do the colors and shapes. Nothing would give me greater pleasure than to be able to share these feelings even a little.

Translator:Pamela Miki

Vehicle-free pedestrian zone at GINZA.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中